レンタル・店舗什器の製作・販売なら店舗の什器.comまで
店舗什器のことなら店舗の什器.com
  • ものづくり
  • 社長コラム:店舗什器が、創る明日。
  • 管理人ブログ:クロックロー日記
  • ものづくりに懸ける思い

よくある質問

その疑問、答えます

実際にお会いしたお客様には、私たちの仕事について全てをお話します。
価格、納期、設置条件、効率の良い什器について、エコについて、什器の再利用について・・・など。
しかしこうしてホームページをご覧になったお客様には、どうしても伝わりにくい部分があります。そういった部分を少しでも埋めて頂くために、 実際にお客様から頂いたご質問とその答えをこのページに掲載致します。

Q1.コストダウンの方法を教えて下さい。

従来の方法にとらわれず素材の選定や仕上がり方法の確定などご使用になる状況をしっかり検討し、必要以上に無駄に引き上げた品質を避け、 より最適なご提案を致します。
また、弊社には多くの協力業者さんも控えています。
鉄工作所をはじめ、塗装・メッキ業者、木工業者、サイン業者、現場施工業者、デザイン事務所、アクリル加工業者など、古くから付き合いのある 業者さんばかりです。
それぞれ得意分野を見極めており、品質・価格に自信を持ったご提案が可能です。
また、私たちと一緒にものづくりに協力していただけるご協力業者さんも随時募集しております。

Q2.安全面の対策を教えて下さい。

私たちは商品の生産・販売において、安全性という項目を最重要項目として設定しています。
どれほど便利で優れた商品でも、お客様への安全をしっかりと考慮できていないものには何の価値もないと考えております。
例えば鉄製の什器を仕上げる場合、必ず角を丸めます。
溶接の不具合でバリ(鉄などをカットする際に出る素材のはみ出しのこと。非常に鋭利です。)が出た場合はひとつひとつヤスリで削って落としますが、 どうしても解決できない場合は意匠の変更をお客様にご相談し、角にカバーをするご提案をさせていただきます。

Q3.耐久性について不安があります。

耐久性については強度テストを行っています。
特に重量物を陳列する可能性のある商品については、相応の重量を加えて経時変化をチェックします。
また、重量を加えた状態での横揺れ・縦揺れなどのあらゆる方向から力を加え検討いたします。そこで問題が発生すれば一から設計を見直し、 素材の再選定や加工方法の変更を行います。

Q4.配達はどのような方法で行っていますか。

大阪市内は自社便が対応いたします。また、大阪府内・京都・神戸方面なども自社便で可能な地域があります。
その他の地域は路線便での対応となっております。

メールフォーム

copyright